愛知県岡崎市の手彫石材・灯篭の杉田石材店

メニューアイコン

製品紹介

ホーム > 製品案内

フリーワード

金額サーチ

サイズ

カテゴリ

検 索

古代奥ノ院(豊前型)

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05
  • slide06
  • slide07
  • slide08
  • slide09
  • slide010
  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03
  • thumb04
  • thumb05
  • thumb06
  • thumb07
  • thumb08
  • thumb09
  • thumb010

製品基本情報

製品名 古代奥ノ院(豊前型)
ふりがな こだいおくのいん ぶぜんがた
作者名
使用原石 蛭川石

製品説明

火袋正面の火口より右回りに、松・柳・火口・梅・紅葉が彫刻されており、受の干支が彫刻されています。

製品の御見積

お問合わせ資料請求

※価格は運搬据付費・消費税が含まれておりません。
また、サイズについては実際とは異なる場合があります。

価格 1,580,000円 送料ランクI

【サイズ】高さ7尺

【仕上げ】ノミ

 

 

 

 

本歌概要
所在地:春日大社 奈良県奈良市春日野町
時代:江戸時代初期

 

二重の基壇の上に建てられていて、基礎以外はすべて六角です。摂社の紀伊社にあるこの燈籠は、茶人間に名物ものとして著名です。基礎の側面は二区に分けられ、それぞれに格狭間があるが、江戸時代のものであるから退化した意匠になっています。上部の複弁の蓮弁は、基礎から浮き上がったような感じで躍動感がありません。竿は三節で、中節が大きく出張っており元禄十四年の年号があります。中台の側面は二区に分けられていて、それぞれに同方向の走獅子が陽刻されています。下部は単弁の反花で上部には複弁の反花があります。火袋は三笠山・神鹿二頭・橋・柳・鷺二羽が彫ってあります。笠は波形で軒反りが強く、蕨手に渦巻があるのは江戸期の特徴です。